量が多いと危険

医者

大量にボトックスを注入すると筋肉が麻痺する

ボトックスは安全に受けられる治療方法ですが、患者の体質とボトックスの相性が合わなかったり、間違ったところにボトックスを注入したりすると副作用や後遺症が生じる事もあります。ボトックス治療に使用されているボツリヌスには、筋肉を麻痺させる効果があり、ボトックスを大量に注入されたり、患者によって効果が効きすぎてしまったりすると神経麻痺や眼瞼下垂などの副作用が出る危険性もあります。筋肉が麻痺してしまうと筋肉が動かしづらくなります。顔にボトックスが大量に注入されると表情筋を動かす事が困難になるので、顔が歪んでしまったり、不自然な笑顔になったりするので、整形をした事がばれやすくなります。また、筋肉を動かす回数が減ってしまうと筋力が衰えてしまうので、皮膚を支えることができず、たるみの原因にもなるのです。施術に失敗して、副作用が出ないようにするには、実績豊富な医師に治療をお願いするのが1番です。施術前にカウンセリングを行うので、ボトックス治療の事で気になる事や不安などを医師に伝えて下さい。そうすれば医師が患者の体に負担をかけないように適切に治療をしてくれます。ボトックスは何度も治療を受ける事で、効果を高める事ができますが、1回の施術で大量にボトックスを注入しても効果が高くなる訳ではありません。量が多いとバランスの悪い仕上がりになってしまいます。失敗をしてもボトックスの効果が薄れていけば、少しずつ元の顔に戻ることはあります。しかし、失敗具合によってはボトックスの効果が薄れても、完璧に元の顔に戻れないリスクもありますので、施術をする際は医師選びを慎重に行いましょう。ボトックスの大量注入が原因で皮膚がたるんでしまうと、皮膚がたるまないようにボトックス治療を一生続けるか、元の顔に戻す手術をする事になりますので、下調べもしないで安易な気持ちで治療を受けるのはおすすめできません。施術費用が安くても、外国産のボトックスを使用している病院もありますので、病院を選び際は厚生労働省の認可を受けたボトックスを使用しているのか、カウンセリングの時に医師に確認をしておいた方が安心ですよ。

Copyright© 2019 メスを使用せずに整形ができる!手軽に治療できるボトックスの魅力 All Rights Reserved.