一時的に起きる副作用

看護師

ボトックス注射をした後に稀に起きる副作用

ボトックスは大量に注入をしたり、注入する部位を間違えたりしなければ、副作用が出る心配はほとんどありません。しかし、治療をした後に内出血が起こる事もあります。これはボトックスを注入する時に注射の針が、細い血管に当たる事で起こります。注射を使用する時は血管に当たらないように注意して、ボトックスを注入してくれますが、まれに血管を傷つけてしまう事もあります。内出血が起きても、1週間程で病状はなくなりますので安心して下さい。2週間程度内出血が続いていても、メイクでカバーする事ができます。ボトックス注入して内出血は起こらなかったけど、アフターケアを間違えてしまうと内出血が起こる事もありますので、患部を傷つけないように注意して生活をしなければいけません。熱いお湯で長風呂をしたり、お酒を飲んで体を温めたりした場合でも内出血が起こる恐れはありますので、万が一内出血が起こった場合は医師に相談をしましょう。内出血以外にもまれにある副作用が倦怠感です。特に腕や肩などにボトックスを注入すると体がだるくなって、微熱が出る事もあります。しかし、このような副作用は一時的なものなので、時間が経てば自然と回復していきます。顔にボトックスを注入した場合に起こりやすい副作用が、顔の突っ張りや顔の引きつりです。やはり、ボトックスの効果によって筋肉の動きが緩和されてしまうので、表情筋がいつもより動かしにくくなります。しばらく表情を作る時に違和感があるかもしれませんが、この症状も一時的なものなので、1~2週間程で回復します。顔の突っ張りや引きつりがなくなれば、表情筋も動かしやすくなって、柔らかい表情が作れるようになりますよ。アレルギーを持っている方は、ボトックス治療をするのは控えた方が良いでしょう。ボトックスと相性が悪いと稀にアレルギー反応が出る事もあります。死に至ったという症例はありませんが、ボトックス注入後に具合が悪くなったという症状はいくつか報告されていますので、注意して下さい。どうしてもボトックス治療を受けたい場合は、カウンセリングをする時に自身の体とボトックスの相性を医師に調べてもらうと良いでしょう。アレルギーを持ってなくても万が一、体に異変があって、副作用が続くようであれば早めに病院へ行って、診察を受けて下さい。

Copyright© 2019 メスを使用せずに整形ができる!手軽に治療できるボトックスの魅力 All Rights Reserved.