ボトックスの持続効果

注射器

ボトックスは注射だけを使用するので、手軽に治療が始められます。しかし、ボトックスは切開手術と違い、効果は長く持ちません。効果を持続するには継続的に病院へ通って、治療を受け続ける必要があります。

詳しく見る

量が多いと危険

医者

ボトックスは切開手術よりも気軽に整形をする事ができますが、医師の腕や患者の体質などによって副作用が出る事もあります。ボトックスは量が多ければ、効果がアップするわけではないので、副作用が出る危険性もある事を理解した上で施術を受けましょう。

詳しく見る

患部を傷つけない

女性

ボトックスを注入してもらったら、あとは効果が現れるのを待つだけです。しかし、施術後に自己判断でケアをするのは危険です。ボトックスを注入した部位を乱暴に扱ってしまうと満足のいく仕上がりにならなくなるので、患部を傷つけないように注意して下さい。

詳しく見る

病院を選ぶ方法

注射器

整形を失敗したくないと思っている方は多くいるでしょう。良い医師に出会う為にはボトックス治療をしてくれる病院の情報を集める事が大切です。病院のホームページや口コミサイトを利用して、安心して治療できる病院を見つけましょう。

詳しく見る

一時的に起きる副作用

看護師

ボトックスは安全に使用できる成分ですが、やはり人によっては副作用が出る事もあります。しかし、倦怠感や内出血などの副作用は稀であり、ダウンタイムは長くありません。もし、ダウンタイムが長く続くようであればすぐに医師に相談をしましょう。

詳しく見る

リーズナブルな価格で整形

医者と看護師

傷跡を残さずに整形ができる

ボトックスとはメスを使用しないで、整形ができる治療方法です。今まで整形をする時はメスを使用して切開し、抜糸を行っていましたが、ボトックスは注射をするだけです。他の手術と比べて、体への負担が少なく、施術時間が短いのも魅力です。ボトックスの治療には、ボツリヌス毒素から抽出した成分が使用されます。ボツリヌス毒素は、毒性がとても強い成分ですが、ボトックス治療で使用されているボツリヌスは毒を抜いていますので、体に注入しても問題ありません。顔のエラ張りやシワが目立つのは、筋肉の発達が原因です。ボトックスを使用することで、筋肉の動きを弱めてくれるので、筋肉の発達を抑えてくれます。エラ張りを改善するには、エラを削る必要があるので、大掛かりな手術をする必要がありますが、筋肉の発達が原因であればボトックス注射だけで治療することが可能です。ボトックスには、エラやシワだけではなく、部分痩せやワキガ、多汗症にも効果があります。切らずに治療を受ける事ができるので、痛みはあまりなく、傷跡もほとんど残りません。治療方法もとっても簡単です。まずは、ボトックス治療を受ける前に病院でカウンセリングをします。カウンセリングをする際に治療したい部位や施術の事で心配な事があれば遠慮なく医師に伝えていきましょう。カウンセリングをしたら、ボトックスを注入する部位を決めます。筋肉の張り方は患者によって、それぞれ違いますので、医師に診てもらう事で、理想的な仕上がりになるように注入する部位やボトックスの適量を見極めてくれます。動画などを使用して施術の説明をし、希望する部位にボトックスを注入したら、顔や体がどう変化していくのかシミュレーションも行ってくれますよ。カウンセリングやボトックスを注入する部位が決まったら、施術に入ります。施術時間は、治療する部位によって違ってきますが、5~15分程です。治療が終わった後は、入浴やメイクをしても問題ありませんが、医師から施術後のケアについて説明があるので、しっかり聞いておきましょう。料金は、ボトックスの種類や注入する部位などによって、異なりますが、安くて2万円ぐらいで治療を受ける事ができます。病院のホームページがあって、料金表が掲載されていたら、確認して自分に合った病院を見つけましょう。

Copyright© 2019 メスを使用せずに整形ができる!手軽に治療できるボトックスの魅力 All Rights Reserved.